タケキャブを含むピロリ菌除菌パックのボノサップの特徴と従来品比較。

つい最近、タケキャブが発売から1年経ち日数制限が解除になったばかりですが、もうタケキャブを含むピロリ菌の除菌用パックが出るらしいですよ。

一次除菌用のパックは、ランサップラベキュアに続き3製剤目。

ボノサップ・ボノピオン

ボノサップパック400と800登場。

サップパックって・・・、言いにくいね。
ランサップにはパックってついてなかったのに・・。

まだ製造販売承認の段階なので、実際に発売されるのは数ヶ月後でしょうか・・。

6月7日に発売となりましたね。
薬価は、
ボノサップパック400:1シート 733.80円
ボノサップパック800:1シート 884.00円
ついでに、
ボノピオンパック:1シート 654.60円

ちなみに、
ランサップ400:1シート 602.2円
ランサップ800:1シート 774.1円
ランピオン:1シート 471.7円
ラベキュアパック400:1シート 502.4円
ラベキュアパック800:1シート 666.7円
ラベファインパック:1シート 405.9円
なので、値段はちょっと高めですね。(2016年6月8日追記)

その3製剤の違いは、中に入ってる胃酸の分泌を抑える薬。
ランサップにはタケプロン(ランソプラゾール)、
ラベキュアにはパリエット(ラベプラゾール)、
んで、ボノサップにはタケキャブ(ボノプラザン)
ちなみに抗生剤は同じで、アモキシシリンとクラリスロマイシン。

胃酸の分泌を抑えて胃内のPHを上げると抗菌活性が増し、抗生剤の粘液層透過性を高めるので、より強力に胃酸を抑えた方が除菌の成功率が上がるらしいですね。

ってことで、

続きを読む...

薬局の服薬説明で言ってしまった失礼なこと。その2。

好評でもないんですけど、失礼なことシリーズの第2弾
けっこう失礼なこと言っちゃってるな・・。

30歳女性、皮膚科。

Rp1 タリオン(10) 2T
    1日2回朝夕食後 7日分

Rp2 マイザー軟膏  35g
    1日2回 体

-患者さんの状態-
今回うちの薬局は初めて。
お薬手帳はお持ちでなく、投薬前の現段階では併用薬不明。

今回の処方から、皮膚科でタリオンとマイザー軟膏が出ているので、まぁ皮膚のかゆみや発疹が出てるのかな。
タリオンの日数が短いので、最近急に出た発疹で、マイザー軟膏もそこそこ量が出てるので蕁麻疹ではなさそう。
ってな予想。

んで、こんな服薬説明をしました。

私 「今回は皮膚科からのお薬でしたが症状はかゆみや湿疹ですか?

患者さん 「・・・はい。」

けっこう反応が遅い・・、あまり聞かれたくないのかな??


私 「今回出た飲み薬はアレルギーの反応を抑えて、かゆみや湿疹の症状をやわらげてくれます。」

患者さん 「・・・。」

私 「このタリオンは眠気や集中力の低下など副作用が少ない割りに、効果もあってバランスがいいんですが、個人差もあるので特に最初のうちは運転など注意してください。

患者さん 「・・・はい。」

うーん、インペアードパフォーマンスの話しも興味ない??


もうこのままお渡しして帰っていただいた方がお互いのためでは・・??

イヤイヤ!!初回の聞き取り票がないうちの薬局にとっては、初回の投薬での聞き取りは重要だ!!

ガンバレ俺!!


せめて原因だけでも聞いてみよう。

私 「顔もけっこう赤みありますけど、湿疹の原因はわかってるんですか?」

続きを読む...

ダイアップ坐剤の使い方。アンヒバとどっちが先?熱性痙攣まとめ。

2歳男の子、小児科。

Rp1 ダイアップ坐剤4  3本
    発熱時(痙攣予防)

Rp2 アンヒバ坐剤100 3本
    発熱時


「ダイアップは8時間後でいいんですよね?

ー患者さんの状態ー
今日の朝、急に痙攣が起きたため病院受診。
病院に到着して痙攣は治まっていたが、熱を測ったところ39℃以上あった様。
病院でダイアップ坐剤を1本使い、熱が続くなら8時間後にもう1本使うよう先生から指示があったとのこと。
熱性痙攣は初めてで母親はかなり心配している様子。
体重10kg、併用薬はない。

いやー、そりゃ心配になりますよね。
うちの子たちは熱性痙攣を起こしたことはないんですが、わかっていても相当焦りますよ。きっと。
この時は資料を見せながら、

続きを読む...

イナビルでよくあるトラブル。笛って意味ある?予防効果はいかほど。

5歳男の子、小児科。

Rp1 イナビル吸入(20) 1キット
    1日1回 2吸入

Rp2 カロナール(20%)  1g
    発熱時 1日3回まで 10回分


「・・・。」

ー患者さんの状態ー
熱が38.7℃あり受診。他の症状はひどくない。
検査の結果A型インフルエンザとのこと。
病院でイナビル吸入可能か笛を鳴らしてチェックした様。

他の薬局ではどうかわかりませんが、うちの薬局では、イナビルが処方された患者さんに、
「今ここで吸入していきませんか?」
と勧めています。

勧めておきながら混んでる時間帯は、
「断って家で吸入してくれーっ!」
と祈ってるんですがw
面倒くさいってのもそうですが、他の患者さんと接触せずさっさと帰宅していただきたい。
個室とかあるといいんですけど、うちはそんなリッチな薬局ではないので・・。
ただ、自分への暴露は全く気になりません。
移る気がしない・・、全く根拠のない自信w

さてさて、今回の患者さんは薬局で吸入していくことになりました。

まずはイナビルの説明開始。

続きを読む...

それって医学用語!?違和感のある添付文書の副作用の表現。

最近は、調剤報酬改定のニュースで持ち切りですね。
私も診療報酬関係でブログを書けたらいいんですが・・、お伝えできる情報が全くない!
ただ、一つだけ愚痴を。
かかりつけ薬剤師の要件に認定薬剤師を取得していること的な内容があるそうですが・・、

JPALSのレベル5ではダメですかー!?

レベル5を取得するために公益財団法人 日本薬剤師研修センターの認定薬剤師を取得したんですけど、
「今後は、薬剤師会主導のJPALSがメインとなる!!」
って、社長の言葉を信じ、認定薬剤師は更新しなかったんですよ・・。
また、取得してとか言われたら大変だな。
まっ、本決まりまで待ちましょう。


さてさて、今回のブログは添付文書の話し。
以前、薬のクイズ!薬の意外な原料は?意外な副作用は?適応症は?で、
添付文書を見てへぇーを思った内容をご紹介しましたが、今回もまたそんな感じのどーでもいいような内容となっておりますw

続きを読む...

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。