リンゼスはなぜ食前?食後や寝る前では?効果発現までの時間、カマとの併用は?

2017年3月22日に便秘型IBSの治療薬、

グアニル酸シクラーゼC受容体アゴニスト

リンゼス錠0.25mg

(一般名:リナクロチド)

薬価:92.40円(H27.7/23現在)

が新発売され、今さらながら商品説明を聞いてきましたので、それまで引っかかってた疑問を解決していきましょう!!

リンゼス錠は平たく言うと、まぁ便秘のお薬なんですけど、便秘型のIBS(過敏性腸症候群)しか適応がなくて、要は慢性便秘症で原因がはっきりしておらず、腹痛や腹部不快感などを有する場合にのみと、ちょっと使える範囲が狭め。
ただ、実際に薬局で便秘型IBSの病名がカルテに記載されてるかどうかは不明なわけで、自分としてはここが疑義照会の対象になり得るとは思いません。
しかも、適応拡大の噂もあります。

さてさて、それでは私が引っかかってた疑問に参りましょう。

続きを読む...

ミカトリオなど出たので配合剤一覧更新。糖尿の合剤の逆引きも作ったよ。

ブログの最後のリンク先から配合剤一覧のPDFファイルがダウンロードできます。


薬局あるある。で配合剤一覧を作ってPDFでダウンロードできるようにしておりますが、先日久々に更新しました!!

約1年ぶり・・。

配合剤一覧は常に最新版じゃない使えない!!

常に更新します!!

と高らかに宣言しておきながら、この体たらく・・。

申し訳ございません。


おかげさまで、配合剤一覧+逆引きの表のPDFが月平均400回以上もダウンロードしていただき、トータル7000回ダウンロードを超えております。

使っていただいてる方々、本当にありがとうございます。


今回、イニシンク、テラムロ、テルチア、ミカトリオを追加しました。

おや?思ったより合剤増えてないね・・・。

もう3剤の合剤は一覧や表に組み込みにくいので止めていただきた・・。

今後、DPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬の配合剤カナリアとか出てくる予定です。

それに備えて、糖尿病薬の逆引きもできる表を作った方がいいかなと思いまして今回作ってみました。
ただ、降圧剤みたく「ARB+何か」って法則がないので、まるでスポーツのリーグ戦のような感じで、〇3ー1の逆側に●1-3があるような、同じ合剤が2ヵ所に登場する仕様になっております。
まぁ、文字の説明では意味わからんですね・・。

それでは、今回更新した一覧や表を画像でご覧ください。
*ちなみに、この画像はHP用なので印刷には向きません。
PDFファイルはブログの最後のリンク先よりダウンロードできます。

続きを読む...

パルモディア錠って新しい高脂血症治療剤。他のフィブラート系との違いは?

「今度こんな薬が出るみたいですよ。」

とMRさんではなくて卸のMSさんから、製造販売承認取得のご案内の紙をいただきました。

どれどれ。

パルモディア製造販売承認取得

パルモディア錠0.1mg

(ペラフィブラート)


ん??

フィブラート系の高脂血症治療剤!?

今さら・・感が強いw
しかし、1錠0.1mgと他のフィブラート系の薬剤と比べて圧倒的少なさ!!

ちなみに2017年8月に発売予定。

さてさて、発売前に他のフィブラート系との違いなんかを確認しておきましょう。

続きを読む...

小規模な調剤薬局のフェイスブックやLINE@などSNSの活用を考る。

今回のブログは、SNSについてほとんど知識のない私が大した調べもせずに、今思っていることを好き勝手に書いているだけなので、まぁそういう考えの人もいるんだなぐらいに思ってお読みいただきますようお願いします。

社長
「うちの薬局でもツイッターを始めてみようかな。」

薬局長
「誰がつぶやくんですか?」

社長
「社員が・・。」

薬局長
「何を?」

社長
「・・・・・、ちょこ先生はどう思うの?」


「!! うぅーん・・。」

っと先日こんな話しを社長から振られました。

正直・・興味なし!!

って感じですけど、社長にそう返答することはできませんね。
この時は、いいタイミングで患者さんが来店されたので答えずに逃げ出せましたけど、今度聞かれたときのために今の思いをまとめときましょw

小規模な調剤薬局でツイッター(Twitter)って・・、薬局長の言う通り一体何をつぶやくっての?

続きを読む...

自分ならこの疾患にはこの薬を選ぶなって薬剤師同士の話し合いw

44歳女性、消化器科。

Rp1 オメプラール(20) 1錠
    1日1回夕食後   14日分

ー患者さんの状態ー
ここ最近、胸焼けやゲップなど症状あり、胃カメラしたところ逆流性食道炎との診断。
併用薬はない。


「何でオメプラールチョイスなの?」

と後輩薬剤師が投薬後に監査台に戻って一言。


「どしたの?」

後輩君
「いやー、PPI初めてなんですけど何でオメプラールなんですかね?」


「・・・、それはいいじゃん・・。」

後輩君
「まぁ、そうですけど、せっかくならタケキャブとか、せめてS体のみのネキシウムとか。」


「そう?長期になるならタケキャブって高ガストリン血症とかで腫瘍の可能性もあるかもよ。」

後輩君
「じゃあ、短期タケキャブからのパリエットでどうですか?」


「いいねw」


薬局でこんな話ししてないですか?

もちろん暇な時間帯だけですけど、うちの薬局では薬剤師同士が自分ならこうするだの、イヤイヤこうでしょ!的な話しをよくしてます。
医師が診察や検査など行い慎重に選ばれたお薬に対し、こんな話しを気軽にするのはどうかな?とも思いますが、そして、それをブログに書いてしまうのもどうかと思いましたが、自分が出してほしい薬ベストワンってな感じでお許しいただければと思います・・。

続きを読む...

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。