ステロイド外用薬を塗って直射日光(紫外線)はダメ?色素沈着する?

9歳女の子、皮膚科。

Rp1 ロコイド軟膏   10g
    1日2回朝、寝る前
    顔

Rp2 マイザー軟膏   30g
    1日2回朝、寝る前
    首から下で赤みのひどい所


「ステロイド塗って直射日光に当たっても大丈夫?」

「黒くなったりしません?」

ー患者さんの状態ー
アトピー性皮膚炎で長期間ステロイド外用薬を使用している。
良くなったり悪くなったり繰り返しているが今は落ち着いている。
日光過敏症はない。
母親受け取り。

あー、はっきりと「OK」か「NG」かわからない質問・・。
この時は、

「ステロイド外用薬塗って直射日光に当たると色素沈着するような話しあったかもしれませんね。
なので、できるだけ避けた方がいいと思います。


と返答。


そんなような話し聞いた気がしましたが・・大ウソでした

調べたところ、そもそもステロイド外用薬にはメラニン色素の活動抑制と血管収縮の作用があるため皮膚は白くなることがあるそうです。


では、なぜ色素沈着の噂が?

それはステロイド外用薬のせいではなく、皮膚が炎症を起こすとメラニン細胞が刺激され過剰なメラニンが産生されて色素沈着が起こります。
炎症してる間は赤色が目立ち色素沈着は目立ちませんが、炎症が治まると色素沈着が目立ち黒くなるそうです。

また、基剤が白色ワセリンの軟膏だと直射日光により油焼けしてしまい、シミや黒ずみができるという噂もありますが、これも精製技術が低かった昔の話し。
今の白色ワセリンは油焼けの原因だった不純物自体がほとんど入ってないので、まず問題ありません。


でも、

紫外線はアトピー性皮膚炎に悪いんじゃないの?

これも間違いです!
紫外線の免疫抑制効果により過剰な皮膚のアレルギー反応を抑えることができ、むしろアトピー性皮膚炎にはいいそうです。
ただし赤外線の熱や日光過敏症には注意が必要です。


結局、皮膚炎を放置しておいたり、塗り薬のコンプライアンスの低下がしたりが問題ですね。

患者さんには、調べた後の結果をちゃんとお伝えしましたが、即答できなかったのが残念です。
ちなみにこのことを知ってたうちの薬局の薬剤師は1人/4人でした。情けない・・。

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。