小規模な調剤薬局のフェイスブックやLINE@などSNSの活用を考る。

今回のブログは、SNSについてほとんど知識のない私が大した調べもせずに、今思っていることを好き勝手に書いているだけなので、まぁそういう考えの人もいるんだなぐらいに思ってお読みいただきますようお願いします。

社長
「うちの薬局でもツイッターを始めてみようかな。」

薬局長
「誰がつぶやくんですか?」

社長
「社員が・・。」

薬局長
「何を?」

社長
「・・・・・、ちょこ先生はどう思うの?」


「!! うぅーん・・。」

っと先日こんな話しを社長から振られました。

正直・・興味なし!!

って感じですけど、社長にそう返答することはできませんね。
この時は、いいタイミングで患者さんが来店されたので答えずに逃げ出せましたけど、今度聞かれたときのために今の思いをまとめときましょw

小規模な調剤薬局でツイッター(Twitter)って・・、薬局長の言う通り一体何をつぶやくっての?

便秘型IBSの薬 リンゼスの処方が初めて来ました。

・・・。

在宅なう。

・・・、イヤイヤ!

それは絶対怒られる!!

ただ、どう考えてもクソつまんない。

ツイッターは小規模な調剤薬局には向かないかな・・。

他のSNSはどうだろ??

インスタグラム(Instagram)は??

ファッションブランドとか自動車メーカーとかのように写真のモデルがないと厳しいよね。
おしゃれな服にかっこいい車。
調剤薬局で何を写真に撮って投稿したらいいのかさっぱり思いつかない・・。
薬?
ないないw


LINE@は?

ドラッグストアのように商品の安売りの広告とか、何かしらの特典とかつけられるならいいけど・・。
調剤薬局の場合、OTCの商品の種類も値段も太刀打ちできない。
調剤ポイントも1%未満にと厚生省から通達があったようですが、うちの薬局では調剤ポイント自体もまぁ無理だろうな。
そもそもLINEユーザーと薬局に来る方の年齢層が違う気がする。
これもないない。


フェイスブック(Facebook)は?

フェイスブックならちょっとしたイベントとか、薬の話しとか、調剤薬局のアピールができそうな気もする。
これが一番小規模な調剤薬局にマッチしているかも。
ただ、今から『フェイスブック始めました!!』って、何か恥ずかしいw

まぁ、いずれにしてもどうやってフォロワーを獲得していくかが大問題。
一生懸命更新していても誰にも読まれていないとか悲しすぎる・・。
職員総出で友達にいいね!の依頼してもらうのは?・・・難しいか!?

一旦立ち上げたはいいけど、途中で挫折して更新しなくなるぐらいならいっそやんない方がいいと思う。

そもそも、SNSって小規模な調剤薬局に必要?

就職希望の方に向けてのアピールならまずは薬局のホームページの整備した方がいいのでは?

って次聞かれたら社長に言ってみよう!

今回はこの辺で。

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。