薬剤師である私が失敗してしまったこと。その4。アルロイド編。

今回は、赤面するほど恥ずかしい間違いをしてしまったお話しをさせていただきます。


5歳男の子、小児科。

Rp1 ロコイド軟膏   10g
    1日2回 顔

Rp2 リンデロンV軟膏 50g
    1日2回 体

朝礼と朝の清掃を終え、本日最初の患者さん(母親)がこの内容の処方箋を持ち来店。
私が監査し、新人君が積極的に投薬へと向かいました。
説明の最中、新人君は投薬台を離れ我々のいる監査台の方に戻ってきます。

新人君 「先生が保湿の薬も出すと言ってたみたいです。

たぶん、ヒルロイド。」


私 「ヒルロイドって?ヒルドイドねw

ミセスロイドじゃないんだから。」

・・・。

まぁ、この発言の後どんだけシーーーーンとなったかは言うまでもありません・・。

まだ1年にも満たない新人君が薬の名前を一文字間違えたぐらいかわいいもんです。

ヒルドイド磁石

けっこう言い間違えそうですしね。
文字で書くと若干違和感あり・・。
ヒルドイドっぽく見える画像はマルホさんからいただいた磁石ですw

ミセスロイドの件でだいぶ赤面しましたが、私の恥ずかしい話はここから。

その日の午後、胃カメラをしたという患者さんが処方箋を持ち来店されました。

49歳男性、消化器科。

Rp1 タケキャブ(20)   1T
    1日1回夕食後    14日分

Rp2 ナウゼリンOD(10) 3T
    1日3回毎食前     7日分

胸焼けがひどく胃酸が上がってくる感じ、吐き気のようにも感じるとのこと。
胃カメラの結果、診断は逆流性食道炎とのこと。

私 「今回からパリエットがタケキャブに変更になってますね。

前回出たアルドイドについては先生から継続とか指示を受けてますか?」

ん?

今、私・・、アルドイドって言っちゃった??

あの昆布から抽出された緑のドロドロの薬、アルロイドGをアルドイドって!?

私 「そうですか、症状ひどい時はアルホォイド飲んでもいいと先生言ってましたか。」

さりげなく、アルロイドに近づけて言ってみる。

・・・。


ふーっ、患者さんには突っ込まれず、周りに薬剤師もいなくて聞かれなかったー!

朝のヒルロイドのこと散々突っ込んどいて自分もこんな間違えてたら立場なし。

危ない危ない。

薬歴書いておこーっと・・、S:胸焼けがひどくて・・・

事務員さん 「ちょこ先生、今、アルドイドって言ってませんでした?」

バレてたー!鋭いw

隣で入力業務してる事務員さんに聞かれた・・。

耳が真っ赤になっていくのを感じましたが、

私 「えっ?いや?」

おっさん薬剤師が、薬の名前を言い間違えて、このごまかしは見苦しいw

やっぱり薬剤師が薬の名前間違えるのははずかしいね。

エパレルスタット?エパルレスタット
ツムラじゅうぜんだいほとう?じゅうぜんたいほとう
タリビット?タリビッド
ミトドリン?ミドドリン
リトドリン?リドドリン?

たぶんアンダーラインのが正解。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログランキングへのクリックをお願いします。

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。