オメプラゾールなどPPIは胃全摘した方に使用できる?効果は?

67歳男性、消化器科。

Rp1 オメプラール(20) 1T
    1日1回朝食後   28TD

Rp2 フオイパン(100) 3T
    1日3回毎食後   28TD


私 「今回もいつもと同じ薬で、胃酸の出過ぎを・・」


患者さん 「胃を全部とってるから胃酸なんて出ねぇよ。」

し、しまった・・・。
フオイパンも処方になってるし、薬歴にも胃全摘のこと書いてあるし、何より、よくお話する方で、胃癌で胃を全摘していることは顔や名前を見ただけでわかってたのに・・。
すかさずツッコまれた。

薬の変更がなかったので、流れ作業的な投薬。

患者さんに怒った様子もなく、事なきを得ましたが、
あーあ、自分にガッカリ。


患者さんからは聞かれませんでしたが、

胃全摘してる方にPPIって意味あるの??

自分の中では胃全摘しても食道か腸が胃の代わりの働きをして、胃酸分泌まで・・。

んなわけないか!?


ってことで調べてみましょう。

オメプラールの添付文書・・。
うーん???わからん。

製造販売元のアストラゼネカに聞いてみよう。

メーカーの回答。
『胃酸の分泌を抑えるという作用機序を考えると、胃を全摘されている方に効果はないと思われます。
ただ、機序は不明ですが、十二指腸液を抑えてアルカリ逆流を防いだとい報告があります。』


ほうほう、そういう目的なのか。

うんうん、ネットで調べても、そんなようなタイトルの文献がいくつか出てきますね。


ってか、十二指腸液って何??

十二指腸から分泌される膵液と胆汁のことらしい。
んで、アルカリ性の消化液。

他のPPIについてはメーカーに確認してないのでわかりません。


この記事を前サイトで書いたの2014年6月でしたが、2015年9月の日経DIのクイズに詳しく解説がありました。
そこには、
『ラットを用いた研究で、PPIには膵液および胆汁の分泌抑制作用があるとの報告がある。
また、ヒト血漿において、PPIは胆汁分泌を抑制するソマトスタチンの分泌を亢進するとの報告もある。
詳細な機序は不明だが、ソマトスタチンは胆汁分泌を促す消化管ホルモンであるセクレチンの分泌抑制にも関与しているといわれており、これらの働きにより効果を示すと考えられる。』
とな。

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。