期限切れの古い薬を飲んで大丈夫?毒性が増してしまう薬は?

「期限切れの古い薬を飲んで大丈夫?」


そう聞かれれば、薬剤師は「ノー!」と答えるでしょう。


「何で?」

薬の期限

↑のような製剤の安定性の試験をして、使用期限内の安定性は保証されています。
ちなみに車の中のちょー高温に置いたり、直射日光に当たり続けたり、シートから出してたり、濡れたり何だり・・・、保管状態の悪い薬は別。

薬によって使用期限は異なりますが、内服薬は通常3年~5年の使用期限があります。

しかし、使用期限が切れての薬の安定性については「?」

成分によっては、分解・変性・腐敗など起こる可能性があるから、「ノー!」と答えます。


「じゃあ、期限切れの薬飲んだらどうなる?」

はっきり言ってほとんどの薬は何ともないと思います。

多少薬効が落ちる程度で・・。


ただ↑で言ったように成分によっては分解や変性で毒性が増してします薬があるんです。


例えばテトラサイクリン系の抗生剤。

時間が経って変性し服用すると、 ファンコニ症候群という重大な腎障害を引き起こすことがあるそうです。

詳細は↓をご覧ください。

MSD メルクマニュアル18版 日本語版


あとは、アスピリンなんかも期限切れでサリチル酸に分解され胃腸障害が起きやすい何て話も・・。


「1ヶ月使用期限の切れたロキソニン飲んでいいですか?」

と具体的に聞かれたら??

・・・。

聞かれてから考えよう・・。


ただ、

薬局からもらった薬に期限書いてなくないですか?

基本的には、出た薬を飲み切っていただいて終了。

頓服も次回予約までの分ぐらいで家に余ってる状態は想定してないんだと思います。

ちなみに本当に頓服しか出しようがない、狭心症の発作時のニトロペンや片頭痛のトリプタン系の薬剤なんかには期限が書いてあるので古くなったら新しいのをもらいましょう。

 

ついでに↑の安定性試験の結果は何の薬でしょう?

正解は・・、


ザイザル錠の安定性試験の結果です。

ザイザル錠湿気に弱いと思いきや期限を5年にするためにあんな頑丈なシートに入ってるらしいw

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。