トリプタノールはなぜ痛みに効く?効果はリリカより上?

47歳女性、麻酔科。

Rp1 リリカカプセル(75)  4C
    1日2回朝食後、寝る前 14TD

Rp2 トリプタノール(25)  1T
    1日1回寝る前     14TD


「トリプタノールってホントに痛み止め?

説明書きに気持ちを楽にして・・って書いてあるけど?」

ー患者さんの状態ー
帯状疱疹後の神経痛が続いており、前回からトリプタノールが追加。
帯状疱疹発症から4ヶ月経っている。
併用薬は降圧剤。

前回投薬した薬剤師が、薬情について何も言わなかったのね・・。
おーい、新人薬剤師くんよ・・。
この薬情説明しなかったのは残念です・・。
この時は、

「この薬もともとは、説明書きの通り気持ちを楽にして意欲を高めたりする薬ですが、
痛みを抑える脳の信号を伝わりやすくする作用があるので、最近では、○○さんのような帯状疱疹後の痛みにもよく使われています。」


と返答。


せっかくなのでまとめておきましょう。


トリプタノール(アミトリプチリン)はなぜ痛みに効くのか?

前に作った画像の使い回し・・w

トリプタノール

主な作用は図のように、
『セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みするトランスポーターを阻害することにより、シナプス間隙のセロトニンとノルアドレナリンの量を増やし、下行抑制路を活性化させる。』
それ以外にも、ナトリウムチャネル阻害作用・・。
メキシチール的なですかね?
などなど単一ではないようです。


効きはどの程度?

NNT(number needed to treat)による有効性の評価。
『NNTとは疼痛が50%軽減する患者1人を得るために何人の患者に薬剤を投与する必要があるかという数値』
何回も読まないと理解できません・・w
要は、数値が少ないほど有効性が高いとな。

 

三環系抗うつ薬
(トリプタノールなど)

ガバペン
リリカ
オピオイド
中枢性疼痛 4.0 7.1 -
帯状疱疹後神経痛 2.8 4.6 2.6
有痛性多発
ニューロパシー
2.1 3.9 2.6
末梢神経損傷 2.5 - 3.0


ほうほう、この結果を見る限り、

トリプタノールはオピオイドと同等でリリカより上!

安くて効きもいいならもう少し見直されてもいいのにね。


トリプタノールで尿が青緑色になると習ったがホントかな?


2016年2月29日
トリプタノールの適応に末梢性神経障害性疼痛が追加されましたね。
『自殺念慮、自殺企図、敵意、攻撃性等の精神症状の発現リスクを考慮し、本剤の投与の適否を慎重に判断すること。』と注意が明記されてますね。

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。