ピロリ菌3次除菌のレジメンの処方例。自費でお薬代(費用)はいくら?

53歳男性、消化器科。

Rp1 ネキシウム(20)   2C
    サワシリン(250)  6C
    グレースビット(50) 4T
    1日2回朝夕食後    7日分


「2次除菌も失敗したわ。今度は大丈夫かい?」

ー患者さんの状態ー
1次除菌、2次除菌とも薬は最後まで飲み切ったが失敗。
喫煙者。
もともと胃潰瘍あり3次除菌をすることになった。
今のところ3次除菌からは保険適応がないので自費

隣の病院の3次除菌はグレースビットを使ってます。
↓で詳しく解説します。

うーん、大丈夫かどうか聞かれてもそればかりはわかりませんね・・。
この時は、

「今回も前回同様100%成功するってわけではありません。
除菌率を上げるためにせめて除菌中はタバコやお酒は止めてください。」

と返答。


全然いいアドバイスができず・・。

3次除菌のレジメンは病院毎で違いますね。

『H. pylori 感染の診断と治療のガイドライン2009 改訂版』

には、
PPI+アモキキシリン+レボフロキサシン(クラビット)か、
高用量のPPIと高用量のアモキキシリンの二剤療法が推奨されています。

ただ、2009年のガイドラインの時点ですでに
ニューキノロンに対する耐性菌が増加していることが書かれていますね。


グレースビットはピロリ菌に対する抗菌力が強く、
ニューキノロン耐性を示すgyrA遺伝子の変異を有する群で74.4%
変異遺伝子をもたない群で97.7%の除菌率を示しています。
とな。

他のニューキノロンの結果がわからないので高いのか?
書かれてるってことは高いんだよね。
とまあ、グレースビット押しです。

副作用の下痢はグレースビット多いようですね。


この他、
PPI+アモキシシリンを5日間飲んで、
続けてクラリスロマイシン+メトロニダゾール(フラジール)を5日間服用。

ってのもあったりいろいろです。

早いところ大規模な試験の結果が出て3次除菌のレジメンの統一が待たれます。


結局自費でいくらかかるの?

うちの薬局で計算した値段。

3次除菌の薬代

うちの薬局では、10,410円かかります。
ちなみに基準調剤加算も後発医薬品調剤体制加算も非算定・・。
なので薬局によってはもう少しかかると思います。

サワシリンをジェネリックに変えても210円しか変わりません・・。

結構高い!


もちろん、ネキシウムとグレースビットが他の薬に変われば値段も変わりますし、
そうすれば、ジェネリックへの変更も可能になるものもあるのでもう少し安くなるかもしれません。


3次除菌で成功するよう祈りつつ・・。

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。