2015年度に改訂となった適応追加・拡大の一覧を作ってみる。

エフピー適応拡大
去年の12月にエフピーOD錠が単独投与可能になりましたね。
以前に、適応外ですが保険で認められていると、
エフピー単独ってあり?保険適応だと医師に怒られた!公知申請って何?
で、ご紹介しましたが、今後はさらに堂々とお出しできますねw

んで、この資料を後輩薬剤師と見ながらこんな話になりました。

後輩薬剤師 「このエフピーの件は今回資料で確認できましたけど、適応の拡大とか新効能効果とか結構見逃してるのありますよね・・。」

私 「あるある。添付文書見て、いつの間に!!ってのたまにあるもんね・・。」

・・・。

うーん、これじゃ情けない・・。

とは言っても、メーカーから届いた資料を全て把握して、適応追加や拡大を覚え直すのはかなり大変。
一旦スルーしてしまうと、自分の中では知っている薬の認識なので、古い情報のままかなりの時間が経過してしまうなんてことも起こり得る・・。

こうならないためにも、適応が追加・拡大された一覧的なものってないですかね??
新薬の情報なら、例えば、
日本薬剤師会 新医薬品の薬価収載
とか・・、確認できるんですけど、適応追加や拡大の一覧って見つけられないや・・。

ってな訳で、昨年度(平成27年4月から平成28年3月)の適応が追加・拡大された薬をまとめたいと思います。
今回は内服薬のみとなっておりますがご了承くださいませw

平成27年度の適応追加・拡大された医薬品(内服薬)一覧

承認日 商品名 変更内容
H27.5/26 イリボー 女性での適応追加。用量は男性の半分で1日1回2.5μg最高5μgまで。
サインバルタ 「線維筋痛症に伴う疼痛」での適応追加。
ジフルカン 「カンジダ属に起因する膣炎および外陰膣炎」での適応追加。
クラバモックス 「副鼻腔炎」での適応追加。
タリオン 7歳以上の小児での適応追加。用量は成人同様1回10mgを1日2回。
H27.6/26 リバロ 10歳以上の小児での適応追加。家族性高コレステロール血症のみ。
プレドニゾロン 「悪性リンパ腫及び類似疾患(近縁疾患)」での適応追加。
H27.8/24 トラクリア 「全身性強皮症における手指潰瘍の発症抑制」での適応追加。
アーチスト 「頻脈性心房細動」の適応追加。
ブイフェンド 「造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防」での適応追加。
クラビット 「肺結核及びその他の結核症」での適応追加。
H27.9/24 イグザレルト 「深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症の治療及び再発抑制」での適応追加。
ラミクタール 「てんかん患者の定型欠神発作に対する単剤療法」での適応追加。
ジャカビ 「真性多血症」での適応追加。
H27.11/20 レクサプロ 「社会不安障害」での適応追加。
ゼローダ 「治癒切除不能な進行・再発の胃癌」→「胃癌」。術後補助化学療法が可能になった。
タイケルブ 「HER2陽性手術不能または再発乳癌」に対しアロマターゼ阻害剤との併用が追加。
H27.12/21 エリキュース 「静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制」での適応追加。
エフピー 「Yahr重症度ステージI~III」において単剤投与が追加。
スイニー 「2型糖尿病」となり全ての糖尿病薬と併用が可能になった。
レブラミド 「再発又は難治性の多発性骨髄腫」→「多発性骨髄腫」。未治療の多発性骨髄腫でも使用可能になった。
H28.2/29 キックリン 「透析中の慢性腎不全患者→慢性腎臓病患者 における高リン血症の改善」。保存期の慢性腎臓病患者にも使用が可能となった。
イーケプラ 「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法」での適応追加。
リスパダール 「小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性」での適応追加。
トリプタノール 「末梢性神経障害性疼痛」での適応追加。
ネクサバール 「根治切除不能な分化型甲状腺癌」→「根治切除不能な甲状腺癌」。未分化癌、髄様癌でも使用可能になった。
H28.3/18 サインバルタ 「慢性腰痛症に伴う疼痛」での適応追加。

結構数多いのね・・。
やっぱり隣の病院から飛んでこない薬の改訂はほとんど知らないや・・。
うっ!クラバモックスは完全に見落としてる・・。

あぁ、この改訂あったね。と思った方は、ぜひ下方のブログランキングのクリックをお願いします。

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。