天童木工柳宗理バタフライスツールローズウッドS-0521RW-ST【P10】 -- yakuaru.nows.jp

スペック
サイズ
W425 D310 H387 SH340mm
重量2.2Kg

材料
ローズ板目

ブランド
天童木工・日本製

デザイン
柳宗理 1956

備考
※ グッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞 ※ 受注生産品 工場で部材が確保できない場合、納期をいただく場合がございます。※ 北海道・沖縄・離島と一部地域のお客様は送料別途御見積とさせていただきます。ご注文後、弊社から送料に関するご案内をメールにてご連絡させていてだきます。

柳宗理 バタフライスツール

インダストリアルデザイナー・柳宗理のデザインは、陶器や金属器による日常食器、生活用品で多く親しまれています。このバタフライスツールがデザインされたのは1956年。モダンリビングがブームとなったこの年からもうすぐ半世紀です。国内外で高く評価され、1966年グッドデザイン賞を受賞、ルーブル美術館、ニューヨーク近代美術館などに収集されています。2枚の成形合板と1本のビスからなる美しいカタチ。いつまでも眺めていたくなる曲線美をお楽しみください。

柳 宗理

1915年東京生まれ。東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業後、1942年に坂倉準三建築研究所に入社。1950年に財団法人柳工業デザイン研究所を設立する。その後バタフライスツールの原型をデザインし、それから数年間の研究開発を経て、1956年に銀座・松屋で開催された柳工業デザイン研究会展で発表された。1958年には、バタフライスツールがニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに選定されている。1977年父である柳宗悦氏が設立した日本民藝館の館長に就任。2002年には文化功労賞を受賞。


天童木工

日本の木製家具メーカーとして初めて成形合板技術を実用化したことで知られ、古くから社外の家具デザイナーを起用し、半世紀以上販売を継続し愛され続けている製品もあります。