胃カメラ→ピロリ菌→除菌→ユービットを経験し投薬に生かす。その2。

前回の
胃カメラ→ピロリ菌→除菌→ユービットを経験し投薬に生かす。その1。
の続き。

いやー、本当に自分がピロリ菌に感染していた何てとても信じられませんねぇ。
もう30年ぐらい私の胃に住みついていたのかぁ・・。


さて、今回はその後の診察からの話し。

先生が私のこと薬剤師だと知っていたようで、

女医さん 「薬の希望ありますか?」

と聞いてくださいました。

うんうん、カメラ後の説明のときに幽門部など専門的な用語も使ってましたしね。

私 「せっかくなら、タケキャブを使った除菌薬がいいです。」

女医さん 「パック製剤がまだ採用になってないので、バラバラの処方ですけどいいですか?」

先生それは愚問ですよ。
隣の薬局で働いてるのでもちろんまだボノサップの採用ないのは知ってますし、バラバラでもさすがに間違わないw
これ6月の話しなので、今は採用となってほぼみんなボノサップが処方になってます。

私 「もちろん大丈夫です。」

女医さん 「では、8月に呼気検査で判定しますので予約入れておきます。」

消化器科
Rp1 タケキャブ(20)  2T
    クラリス(200)  2T
    サワシリン(250) 6T
    1日2回朝夕食後   7日分


さー、がんばって飲もう!

副作用で下痢とかするのかなぁ・・。
普段から下痢多いから副作用かわからんな。
実はペニシリン系抗生剤のアレルギーだったりして・・。
アナフィラキシーショック!!

・・・。

1週間後。


なーーーーーんにもなく飲み終えました。

服用期間、軟便すらなし!


さて、あとは除菌が成功してるか否か。
2ヶ月後の呼気検査まで待つしかない。

 ・
 ・
 ・

そして、ここからが未体験ゾーン。
胃カメラも診察も服薬も、まぁ経験はあったけど、呼気検査は除菌が成功してれば最初で最後の経験となる。

呼気検査って何を膨らますの??
トータルどれぐらい時間がかかるんだろ??
ユービットって普段薬局で出る薬じゃないので、注意点も知らない・・。

検査当日の注意が書かれた紙には、

『朝食はとらないでください。
(飴やガムもとらないでください)
水以外の飲み物は飲まないでください。
タバコは吸わないでください。』

など、書いてありましたが、もちろん検査のやり方が書いてあるわけもなく・・。

喫煙も影響あるんですかね?
インタビューフォームには食事や喫煙の影響について何も記載なかったですが・・。
CRCのHPに詳しく書いてありました。
尿素呼気試験は食事や喫煙の影響がありますか?


いよいよ検査の日。

実際に私が行った内容は、

1.最初の呼気を採取する。
用意されたウィダーインゼリーぐらいの大きさのパックに、鼻から息を吸って10秒息を止めてからゆっくり膨らます。

2.ユービットを服用する。
用意された100mLの水で速やかに飲む。
遅いと5~8秒でフィルムコートが剥がれて、口の残存尿素の影響を受けるらしい。

3.20分間とにかく安静。
話すのもダメと注意を受けた。
添付文書には5分左側臥位の姿勢を保つと書いてあるが、私は言われませんでしたねぇ・・。
インタビューフォームでは、体位変換を行い胃全体へ接触させることが望ましいと考えられたとありますが、まぁ、やらなくても陰性と陽性の差は明らかのようなので省いてOKなのかぁ??

ユービット姿勢

4.もう一回呼気を採取する。
方法は1と同じ。


これで何がわかるのか?

13C-尿素を含むユービットを内服し、服用前と後の呼気中13C-二酸化炭素の量を比較します。
ピロリ菌がいたら、分泌されるウレアーゼにより尿素がアンモニアと二酸化炭素に分解され、呼気中13C-二酸化炭素量が増加し判定できます。


20分ほどで結果が出ます。

 ・
 ・
 ・

ドキドキ・・。

女医さん 「除菌成功してますよ。」

ありがとう!先生!!

最後までお読みいただきありがとうございました。
ほぼ自分のメモ的な日記となってしまいましたね・・。
今後はピロリ菌の除菌薬が処方になった方に自分の経験を踏まえて投薬ができそうです。
僕もこの前除菌しましたと言うだけで、患者さんの食いつきが違うw

ついでにブログランキングのクリックをお願いします。

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。