子供の中耳炎の予防法は?禁煙も予防になる?中耳炎の種類は?

2歳女の子、耳鼻科。

Rp1 ワイドシリン細粒200 3.3g
    1日3回毎食後      3TD

Rp2 ビオフェルミンR    1.1g
    1日3回毎食後      3TD

Rp3 アスべリンSy0.5%  4mL
    ムコダインSy5%    8mL
    ぺリアクチンSy0.04% 3mL
    1日3回毎食後      7TD

Rp4 アンヒバ坐剤100mg   3本
    発熱時 38.5℃で1回1本


「中耳炎の予防法ってないの?」

ー患者さんの状態ー
もう何度か中耳炎になっており、抗生剤も服用したことある様。
機嫌が悪く耳を気にする仕草があり、微熱や鼻水など症状もある。
鼓膜の切開など処置はしてないとのこと。
体重は11kg。
母親受け取り。

アモキシシリンの量が60mg/kgと通常より多く、ガイドラインによれば中等症の急性中耳炎と予想できる。

私の娘2人は全く中耳炎にならなかったので大したアドバイスは・・。
この時は、

「子供は鼻と耳をつなぐ耳管の機能が未発達で鼻から入ったバイ菌が耳に入りやすくなっています。
なので鼻水をこまめに吸ってあげるとバイ菌が入らず予防になるかもしれません。」

と返答。


他に予防法ってあるのかな??

その後予防法についていろいろ調べましたのでまとめます。

1 おしゃぶりをやめる。
おしゃぶりを吸うと鼻の奥が常に外部より低い気圧状態になり液体が耳管に流れ込みやすくなる。

2 授乳は立てた状態で行う。
寝かせた状態で授乳すると液体が耳管へ流れ込みやすくなる。

3 鼻水をこまめに取る。
理由は回答の通り。専用の鼻吸い取り器で奥までしっかり吸い取る。2歳ぐらいになったら鼻をかむ練習を始める。

4 肺炎球菌ワクチンをする。
肺炎球菌はのどや鼻に常在してるありふれた菌ですが、免疫力の弱い子供はこの菌が原因で中耳炎や肺炎、気管支炎などを引き起こすことがあります。
H25年4月から予防接種が無料になったと思うのでみなさん受けましょう。

5 親や周りの人が禁煙する。
鼻や耳の内側にあり菌やウイルスを外へ運び出す繊毛の働きが、たばこの煙で麻痺し動きが鈍くなります。
そのため中耳炎やかぜになりやすいそうです。


ついでに、
中耳炎の種類は?

急性中耳炎
今回の処方はこれですね。
急性に発症した中耳の感染症で、耳痛、発熱、耳漏を伴うことがあるものと定義されてます。
細菌やウイルスが耳管を通って中耳に入り、鼓膜や鼓室に炎症を起こします。
予防として↑で挙げたこと。

滲出性中耳炎
鼓膜に穿孔がなく、中耳腔に貯留液をもたらし難聴の原因となるが、急性炎症症状すなわち耳痛や発熱のない中耳炎と定義されてます。
定義にも難聴の原因とされてますが、主な症状は難聴と耳管閉塞などです。
急性中耳炎の後、中耳腔は細菌の遺残物により常に炎症が起きてひかず、中耳粘膜から染み出した浸出液が排泄されず溜まって起こります。
あまり馴染みないですけど、就学前までに約90%が一度は罹患するらしい。

慢性中耳炎
鼓膜に穿孔を生じ、塞がらないまま耳漏を繰り返す慢性穿孔性中耳炎が一般的のようです。
耳痛や発熱はないが、耳漏や難聴を引き起こす。
難聴が続き言語発達障害の原因となることもあるので注意が必要。

反復性中耳炎
6ヵ月以内に3回以上、12ヵ月以内に4回以上の急性中耳炎に罹患と定義されてます。

真珠腫性中耳炎
中耳腔に真珠腫という塊ができて、そこに細菌が棲みつき常に感染しやすい状態になっています。
耳小骨が真珠腫によって破壊されると伝音難聴が生じ、真珠腫が内耳に侵入すると感音難聴やめまいを生じます。
頭蓋内に浸潤した場合、髄膜炎などを引き起こすことがあるようです。
命に関わる中耳炎・・。

ほとんど説明できないや。
これを機に覚えよう!!覚えられるかな??
クレデンシャル86のトリセツを参考にしてます。

興味があれば ブログ一覧 もご覧ください。